5話 おもいこみ。は、カウンセラーの準拠枠❕


はじめまして。
心と魂を一緒に見るお手伝い屋さん。
兵庫県明石市で、セラピストをしてます、
ソウルメイト鑑定士の こころみや 美波 です。

私は、ソウルメイト鑑定士というぐらいですから、ソウル=魂 の専門家です。
魂の専門家ですが、魂の領域は、人の心の潜在意識に実は繋がってるんですね。

人間の約5%が顕在意識ー自覚がある記憶や感情や思考
人間の約85%が潜在意識ー自覚ない無意識の記憶や感情思考
人間の約10%が集合的無意識ー潜在意識よりももっと深い意識で魂や宇宙と繋がってる

こう見ると、人が自覚してる感情や思考って、だったの5%程なんですね〜
だから、ほとんど潜在意識の中なので、何を記憶してるか?本当の自分の感情や思考が?です。

この領域に、実はよく、自分の思い込みや、心のブロックや、自分のルールが隠れてあります。

私は、産業カウンセラーの資格を取った時に、特に自分の中にある準拠枠を理解しました。

準拠枠とは心理学的用語ですが、個人のものの観方、感じ方、考え方のことです。
個人がこれまでに経験してきたものが一つの枠組みとなって働き、その枠組みに沿って、人は物事に対する一定の意味づけをしています。この枠組みを準拠枠と言います。

準拠枠によって、カウンセラー側の私が勝手な判断をしてしまってるんだと、実習の時に凄く感じました。

自分の経験の中の準拠枠で、人は人を判断してしまってる事も多々あります。
この準拠枠に繋がってる、小さい頃や生きてきた中での思い込みをなるべく無くして、準拠枠を広げてあげると。

カウンセラー側に、お話しを聞いている時に、目の前の人の良し悪しやジャッジは一切なくなります。

準拠枠を持ってると、自分の中での感情や思い込みがはたらいてしまって、客観的な見方が出来ないのが本当の所ですね。

準拠枠を広げて、世の中や自分や親や周囲のルールやら思い込みをなるべく減らしてあげると、自分を縛り付けるような枠組みが外れてきます。
そうすると、自分へのジャッジも無くなってきて、生きやすくなる。

これが、私が心と魂の両方から、アプローチしてる理由ですね〜

思い込み、枠組みは
まずその人が、持ってるという事に気付き、そしてその思い込みや枠組みを、いつから持ってたか。
そして、その思い込みや枠組みは、これから生きていく上で、本当に必要な物なのか。
それによって、身動きとれなくて、自己否定に繋がってないか。

という事を、ご本人さんが中々気付きにくいので、私の方で問いかけて、気づいてない潜在意識までの部分の思い込みや枠組みを、一緒に見ていきます。

私のように、生まれつき宇宙、魂のエネルギーやら、霊やら、潜在意識まて交流できると、そこだけを強化して進める事も可能です😇

ですが、私が一番大切だと感じてるのは、ここは地球であり物質世界であり、人は顕在意識で感じる心で悩んでいます。
だからこそ、スピチュアルに特化せずに、目の前の人の心を大事に大切に扱っていきたいなと思います👍

その為の、スピチュアル以外の心理学やカウンセリングの技術も、もっとより良いものにして、クライアントさんに寄り添っていき❣️

心と魂の両方から、一緒に見れる鑑定士ーセラピストになっていきますねー💕





宇宙プランナー 美波

見えない世界と交信が出来る生粋のチャネラーが 〜宇宙と明石から愛と光の幸せを届けます〜 無条件の愛から誕生した宇宙から 宇宙⇄地球⇄魂⇄潜在意識⇄私⇄貴方⇄光⇄愛を感じ 宇宙の真理と潜在意識を使って 幸せに歩けるようにメッセージをお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000